志村、後ろ

独り言
01 /19 2022

久しぶりの更新です




昨晩から調子悪くて今日はほぼ寝たきり


昨年末からの投薬のおかげで


以前と比べるとかなり良いのですが、


副作用が、目に「キ」ます。


視神経への疲労度が急激に現れるので


いきなり「無理」ってな状況になるんですが・・・・・まあしょうが無い


本来、治せるかどうかわからない持病に対して


試行錯誤しながらの投薬なので研究対象みたいなもんですしw


それでも、ここ数年の処方の中では一番良い状態です(=゚ω゚)ノ


その内、ほとんど気にならない副作用になるような


更に良い処方があることを期待するしかないです。


まあ多少良いとは言いつつも・・・・・相変わらず金を稼ぐことが厳しいので生活きつすぎて泣きそうです(´;ω;`)カンパクダサイ




一昨日、


友人奥さんと言うより娘から、



友人が武漢ウイルスのワクチンを摂取してくれない上に



「あんなもんはただの風邪だし、騙されてるようなもんだ」と



周りに吹聴してるのが嫌なので、何とか説得してくれないかとお願いされました。





正直、


私は「ワクチン受けるのも受けないのも個人の自由」のスタンスです。



掛かったとしても程度の差があるものだし大したことにならない可能性が高い分は



事実だと思ってます。



ただし軽・中等・重の症状のランクは一般的な感覚と医療観点から診るのは



かなりの開きがあるのも事実です



運悪く死ぬ目に会っても



(財政や心労含め)苦しいのは自分よりも家族だったりしますが、



それも本人の思いの副産物である以上、仕方ないと思ってるというか思うしか無いです。




「個人や家族もそうだが、他人への媒介を広めてしまうスプレッダーになるのは迷惑すぎるだろ」



と思う部分もありますが、



個人的な見解として 



ほぼ全人類がかかる可能性のほうが高いと



思ってる部分もあります。



長くなりますがその辺りの考え説明

-------------------------------------------
武漢ウイルスの国内発見時に「時間稼ぎ」と買いた記憶があります。


かかる人数が増えれば増えるほど亜種が出来てしまうのでワクチンや治療法に目処がつくまで


安全策を取るべきだと思ってましたが、全人類万延までは半々ぐらいの確率だよなと


思ってたことからの「時間稼ぎ」です。


現状、「重症化・悪化する可能性を下げる」程度でしか無いのと


未だに感染経路が確立してないことは不安ではあります


マスクや手洗いなどでインフルエンザがここまで防げるのに


武漢ウイルスが防げないのは・・・・・異常です。


まあそれでも「時間稼ぎ」が更に引き延ばせれるようになった現状だと


認識しているので 全人類が掛かるとイメージしてる部分を融合すると


他へのスプレッド行為は「マナーやルール」のちょっと強いものの感覚なので


その事で他から嫌悪を抱かれたり怒りを買ってもそりゃ自己責任で受け止めれや


と思ってます。


以上、説明終わり
--------------------------------------


話戻って


友人が、「あんなもんはただの風邪だし、騙されてるようなもんだ」


と言ってることに対して


私は間違っていると思ってます。


それでも、友人の意見は個人の意見として認めるし


前述した状況になっても仕方ないです。



ただ彼の中のその考えを他に強制はしないで欲しいし、


自分でそう主張するのだから


できれば他の話だけでも・・・・せめて家族の話だけでも


聴いて欲しいと思いました。



何より大切だろう家族の話が聴けてない時点で「異常」なんですよ





というわけで用事の帰りに彼の家に寄ってきました。






前述したスタンスなので「まあ好きにしろ」なんですけどねw



人の話を冷静に分析出来ないカルトに盲信したような状態では、



自分や身内が大変なことにならないと言っても無理だとは思うようにしてます。



喧嘩しに行くわけでも怒りをぶつけるのは、お互い得策ではないです。



とりあえず酒を飲みながら話を聞いて



「家族の話をちゃんと聴いてない自分はまともだと思うか?」


「俺らから志村けんを奪ったのは紛れもなく武漢ウイルスだぞ」



それだけ言って帰宅しました。


















あまり良くない書き方ですしできれば書きたくもないですが


未知な部分は同じなれど、天災と違って対策や予防は容易です。





他は


大人として子供にカッコいいところも手本も見せたいを思い出して欲しい



いきなり明日タヒぬかもしれない私にとって
(・・・・まあそういう状況でなくてもか)


思いはそれだけです。






ふと1998年の夏に後1年しか無いかもしれないんだぞと

言って会社辞めたやつ思い出した(つД`)ノ


恐れ過ぎず、一番楽で幸せだと思える方向を向きましょう

スポンサーリンク


コメント

非公開コメント

どりとる

好きなように書こうとはじめました、よろしくお願いいたします。